字幕

201805191017329fa.jpg

字幕機能は洋画を観る時に使うもの。
そう思ってたのですが、
最近は日本のドラマや映画も
聞き取りにくい時が多々あり、
字幕機能を使うと再生し直さなくて
良いので、助かっています。

その内、字幕がないと、
楽しめない様な錯覚?さえ
起こしています。

まさに、字幕依存性
(今、勝手に作りました。(^^;)

「夫には画面が見えない、
字幕邪魔。」と
すぐに消されますが。(*ToT)


プライムビデオ




🏃各種ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援していただけると、嬉しいです。😂



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




tag : アラフィフ 40代 字幕機能 難聴 字幕依存性

代謝が落ちる(お酒やめてみた)

20180519093321de1.png

年々、代謝がおちてきますよね。
そして、
おちてほしい体重は増える。( ´△`)

カロリー計算も面倒くさい。


でも、2年ほど前から、
お酒は辞めることができました。(^^)v

安い発泡酒なんですが、
夕食時にほぼ毎日
飲んでいました。

辞められたきっかけは

わたなべぽんさん著
「やめてみた」
を読んでからでしょうか。



本と同様にまず、
ノンアルコールビールに
変えてみました。

コラーゲン入りのを選ぶと、
何だか得した気分にもなれます。



ノンアルも半年ほど飲むと、
何だか、勿体ない気がして、
炭酸水に変えてみました。

ペットボトルがかなりたまるのに、
嫌気がさして、

自宅で炭酸水が作れる
キットを買ってみました。
わずかなゴミで済みます。





結構、美味しいです。

体的にも、
財布的にも、
環境的にも、
優しいような気がします。😊

では、なぜ体重は
増えるの?





「お酒、辞めたら、
お菓子が、美味しい。(^O^)」




「それ、あかんやん。」( ´△`)


🏃各種ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援していただけると、嬉しいです。😂



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








ジャージ(気温差)

201805181421515a0.jpg




ジャージって良いですよね。


子供の学校の体操服。
とても、キレイな状態なので、
使わせてもらっています。(*^^*)

リサイクルですね。(^^)v

でも、ここ最近、
急に暑くなりました。

ジャージも暑い。

女子はこういう時、
ヒラヒラスカート。
涼しくて、良いです。
似合ってる?かは、
知らんけど。

明日からまた、
寒くなる様ですね。

日本も気温差が
激しくなったなぁ。
と感じるのは
私だけでしょうか。

気温差が激しくなると、
思い出すのが、
20代でのインド旅行です。

砂漠のらくだ祭りに行くのに、
テントの様な宿泊施設に
泊まりました。

昼間は40℃
夜間は10℃あったのかな?

昼間は暑くて、
ぐったりとしているところに、
夜間は凍えそうに寒い。
持ってきた服を全て着こみ、
それでも寒くて、
ガタガタ震えながら、
「こんなに寒いのに、なぜ、
天井から星が見えるのか。
(天井が開いているからさ)」

疑問を抱きながら、
寝たのを思い出します。

体調に気をつけて下さいね。


🏃各種ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援していただけると、嬉しいです。😂



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



モテ男の心情

20180516073717f3e.jpeg

すみません。似てません。
特に中村さん、すみません。

半分、青い
NHKの朝ドラ、見てますか?





律君を演じる佐藤健と
朝井正人君を演じる中村倫也。
茶店での会話。

ざっくり言うと、

「家に犬がいるけど、
また、可愛い犬を拾ってしまい、
増えていく。
どの犬にも愛がある。
犬なら良いのに、
人間ではなぜダメなの?」

と言う感じです。

これはモテ男の正人君の話しです。

男と女の脳は違うとよく言いますよね。
特定の女性に執着しない男性について、
考えていました。
どういう心情なのかな?と。
(なんで、そんなこと、
考えとんねん。)

最近、面白いなと
読んでいる漫画の中に
「凪のお暇」
コナリミサト
があります。

以下、勝手に
はしょったあらすじです。
ネタバレ⁉あり。


一生懸命、空気を読んで、
OL生活をしていた凪。
疲れ果てて、
モラハラ彼氏含めて、
全てを捨てて、
新たな生活を0から始めます。

そんな生活の中で、
隣に住んでる
自由人のゴンさんに恋をします。
先の正人君と同じ様なタイプです。

目の前の女子には
誠意があり、
女子にとって、
キュンキュンくる言葉や
優しい気遣いを
いつも、くれます。

でも、その言葉や気遣いは
凪のものだけではありません。

凪の元カレ我聞さん。
モラハラですが、
凪に未練タラタラ。
凪が心配で
頻繁に訪ねに来ます。

ゴンさんと付き合って、
自分以外の女の影に
徐々に精神的におかしくなる凪。

そんな凪を心配する
元カレ我聞。






痩せこけた凪は
心配する我聞に言います。

「ゴンさんといると幸せなの。
ゴンさんみたいな人。
むしろ、みんなで
シェアしないと。」

ここまでくると、
モラハラでもいい、
我聞、凪を助けたってくれ。

と、思ってしまいます。
続きがすごく気になります。

ゴンさんの心情は
「半分、青い」を見て
なんとなくわかりました。

そうか、犬か。と。

あなたなら、

モラハラ、元カレ我聞君。か
自由人、ゴンさん。(中村さんっ違う、正人君)

どちらが良いですか?(  ̄▽ ̄)









「私?律君!」


🏃各種ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援していただけると、嬉しいです。😂



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

再会

20180510102313ee4.jpg


20180510102404469.jpg


20180510102423552.jpg


20180510102441750.jpg


 こんにちは、わかばそらです。
40代も後半になると、
いろんなものを背負って、
尚且つ
向き合わなければ
ならない現実が
果てしなく続きますよね。

そんな時に
初恋の人に会ったら。

気持ちがその頃にトリップ。

何もかもが色鮮やかに
見えていたあの頃。

悲しかった感情までもが、
今や懐かしい思い出。

日常や
しんどい現実の世界から、
私を連れ出してくれる。

そんな妄想です。

現実から逃げ出したくなったら、
妄想に浸るのが一番。
(どんだけ、しんどいねん。)

お金もかからず、
迷惑もかけず、
なにより、
お手軽です。(^^♪
お薦め。(^-^;
(薦められてもなぁ。( ´△`))

最近、テレビドラマも
楽しんでいます。

四月から始まった
テレビ朝日系土曜23時15分
「おっさんずラブ」
深夜枠なのに
高視聴率の様ですね。

主役はるたんに恋した
吉田鋼太郎演じる
黒澤部長の
今時の女子以上の
乙女っぷりに、
恋するって
すごいな~と感心
させられています。

この女子力の高さは
是非とも見習いたい
(どう見習ったらいいか
わかりませんが。(^^ゞ)

そして、今まで映画やドラマなどで
見てきた。俳優、田中圭さん。
私ごときが言うのも何ですが、
このドラマの役で
何か突き抜けてる感じが
するのは私だけでしょうか。

この突き抜け感も
是非とも見習いたい。
(何をどう見習ったらいいか
わかりませんが。(^^ゞ)






🏃各種ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援していただけると、嬉しいです。😂



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









子どもの絵(人間の進化を考える)

20180429074412f52.jpg




2018042907453677e.jpg


こんにちは。わかばそらです。

娘、ももに、
「お父さんと結婚する!」
と言ってもらえる
父、すいかさん、幸せですね。
娘が思春期になると、
お父さんは煙たがられてしまう。(´д`|||)
とよく聞くので、
今の幸せをかみしめていなければ。
すぐ、大きくなっちゃいますよね。

子供は絵の成長も早いです。
脇目も振らず、もくもくと
描き続けるその姿に、
尊敬の念を抱きます。


20180429074630e67.jpg


少しの日数で髪の毛が生え、
目にまつ毛が生えてきました。
そして、
さらに進化は続きます。

進化と言えば、
ガラパゴス諸島のイグアナ
ですが、(えっ?そっち?)

人間も時代に合わせて
進化し続けているな。
と最近、よく思います。

例えば、
義理親の介護に関しても、
私の周囲の人に限っての
話かも知れませんが、
アラカン世代より上の方々は
自分達がみる義務が当然ある。
という考え方が多い感じで。
(本当、敬服いたします。)
私達アラフィフ世代は
そのことに、
「なぜ、当然と決められなければならないのか?」
と疑問を抱きつつある。
さらにアラフォー世代より下の方々は
義理親の介護をする。
という意識がより淡泊である
ような気がします。
介護への現実味のあるなしが
大きいこともありますが、、
それだけではない気がします。

岡田尊司氏著
「夫婦という病」の中に
ハタネズミについて
書かれています。
「アメリカ大陸に棲むハタネズミには、
平原に棲むプレーリーハタネズミと、
山岳地帯に棲む
サンガクハタネズミなどの種がある。」
二つの種は
対照的なライフスタイルをもつ。
「プレーリーハタネズミは、
一夫一婦のつがいを形成し、
子どもたちと大家族で暮らす。
父親となったオスは、家族を守り、
子育てに協力する。
子どもは、乳離れしても
すぐに追い出されることはなく、
独立して一家をもつまでは
親元にとどまり、
その代わりに
家族の一員として
協力する。
 一方、
サンガクハタネズミは、
単独で暮らし、
発情期だけ交尾し、
あとは出会うこともない。
子育ては
母親だけが行い、
乳離れすると、
子どもはさっさと
追い出される。
親子関係も
あっさりしたものだ。」
中略
「人間はこれまで
プレーリーハタネズミ型の
ライフスタイルで
暮らしすことが多かったが、
近年、異変が
起きているようだ。
プレーリーハタネズミ型が
主流だったライフサイクルが、
サンガクハタネズミ型が
主流になろうと
しているようだ。
多くの人が、
一緒にいることに
喜びや満足よりも
苦痛や不愉快さを覚え、
一人でいることを
好むようになっている。
大家族が大部分を
占めていた戦前から、
単独世帯が半分に
迫っている今日の
状況を考えると、
その変化の方向は
見まがいようもなく
決定的だ。」
中略
「プレーリーハタネズミと
サンガクハタネズミの
ライフスタイルの
違いが、
環境の違いと
無縁でないように、
人間に起きている
サンガクハタネズミ化も、
急激な環境の変化に対する
適応の結果だろう。
それが後戻りできないところ
まで行き着くと
「進化」と呼ばれるように
なるのかもしれない。

気候が温暖で、
餌がふんだんにある
草原という環境で暮らす
プレーリーハタネズミにとっては、
大家族で、
巨大な巣をつくって暮らすのが、
外敵から身を守り、
子育てするうえで有利だ。
だが、気候も厳しく、
一か所で手に入る
食べ物には限りがある
山岳地で暮らす
サンガクハタネズミは、
そのライフスタイルを
捨て去らねば
ならなかった。
 人間の場合にも、
単独生活した方が
有利となるような
環境からの圧力が加わり、
そうした変化が起きている
と考えられる。
その環境圧とは何か。
そこには、大きく
二つのプレッシャーが
働いているだろう。
一つは、経済的な
プレッシャーだ。
言い換えると、
豊かさへの欲求だ。」
中略
「もう一つの環境圧は、
個人主義の浸透だ。
個人の自由や権利を重視し、
自己実現を人生の目的とする
考え方が広まったのだ。」
とあります。

また、話は戻りますが、
義理親の介護においても、
「なぜ?当然?」
と考えてしまったり、
淡泊になるのも、
一種の進化であり、
急激な環境の変化に対する
防衛策なのかもしれません。

自分達の身を守るための
進化した本能。

防衛本能。
そーいう私達を
責めないで下さい。
今、抱えてることで、
いっぱいいっぱいなので。(*_*;



そして、本ではさらにこう続きます。
「サンガクハタネズミ型の暮らしでは、
我々は所詮、幸福になることができず、
いま失われようとしている
プレーリーハタネズミ型の
ライフスタイルを
取り戻すべきなのか。
 その点については、
後の章で考えていくこととしよう。」

余談ですが、この本の中の
ルー・サロメと言う女性の生き方は
とても興味深いものがあります。

と中途半端な終わり方で
失礼します。(^^ゞ


📖Amazon読み放題



🏃各種ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援していただけると、嬉しいです。😂



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村















04 | 2018/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

わかば そら

Author:わかば そら
関西在住のアラフィフ主婦。
医療従事者として11年勤務していた。

自身の体験と独自の感性で、
イラスト、漫画、絵本作りに挑戦中。
よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Amazon
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR